カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨だけど

あしたは雨だけど

チビつれて東山動物園に行ってきまーす。

定休日になりますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

はりきっていきましょう。

天気はくもりだけど
明日は休み

3月も今日が最後です。

はりきっていこー!!

ういろ頂いちゃいました。

火曜日の常連のお客様にういろもらっちゃいました。
ういろ大好きです。

後で食べまーす

昨日はセミナーに参加しました。

昨日は名駅で経営セミナーに参加しました。

名駅でタイ古式マッサージを経営されているかたの
お話でした。

名駅周辺なので店舗の家賃が高くなんと

50万ということでした。

すごい

いろいろお話を伺うと今のお店の足らないものが
相当出てきました。

1個ずつやらなければ。

おさがりの靴はどうしてますか

兄弟の多い御家庭では靴を使い回すかたが多いと
思います。

靴のおさがりを使うのがいいか悪いか、

答えはダメでした。

まだしっかりと歩行をしていなかったころのおさがりで
あればOKですが(14cmくらいまで)
普段頻繁に歩いた靴はよくありません。
その子独特の靴底の減りや、吐き口の締め付けが甘くなっていたり、
履き癖がついていたりなどで健康な足の成長を妨げる危険があるのです。

大人でも靴のサイズがぴったりだからと人から譲りうけて
履くのは抵抗がありますよね。

大人は自分の意思で拒絶できるのですが子供はそれができないのです。

大事なのは値段の高い靴を常に買ってあげることではなく、
子供の足の成長を親の目で見てあげて、サイズのきちんと
したもの、子供にとっていいであろう商品を時間をかけて
選んであげることがとても大切なのです。

選んであげるのには多少の知識が必要となります。
はじめは面倒ですが、子供の足を通してコミュニケーションを
とるのは、すばらしいと思います。

子供のぷにょぷにょの足はかわいいものです
きちんと育って欲しいものですね

あわてて靴を買っていませんか

赤ちゃんの成長段階をおさらいすると

1.生まれてから首がすわる。

2.寝返りをするようになる。

3.ハイハイをする。

4.おすわりができるようになる。

5.つかまり立ちができるようになる。

6.2.3歩歩く。

こんな感じでしょうか。
子供の成長を見るのは何よりもうれしいことです。
あんなにちっこかったのにこんなこともできるようになった
んだなーと感慨深くなります。

せっかく歩きだしたのだから靴を履かせるぞ!!
って考えがちなのですが

ちょっとまってください。

この段階で靴を履かせるのは少し早いのです。

歩き始めの赤ちゃんに必要なのは靴ではなくて
素足で床や地面を感じることなのです。

何度も何度もすってんころりんしながら赤ちゃんは
歩くことに必要なバランスを身につけます。

まだまだ歩くこともおぼつかない時期に靴を履かせても
バランスをとりにくいだけでいいことはあまりありません。

かわいい靴は後のお楽しみでとっておいて、一生懸命
歩こうとする赤ちゃんの危険をできるかぎり取り除いてあげ、
見守ってあげるのが大切です。



足育セミナー

昨日は春日井にて子供の足育セミナーを受けてきました。

子供同伴OKだったので1歳半になる息子と一緒にうけました。

講師のかたは一宮でリフレのお店をやられているかたで
丁寧でやさしい言葉での講習にとても好感がもてました。

息子はほとんどの時間ひざのうえで寝ていたので
集中して講習を受けることができました。

足育という言葉自体が最近の言葉で自分たちが小さかったころは
あまり聞かなかったように思います。

子供の足は大人の足がただ縮小したのではなく、軟骨でできているので
靴による影響が非常に強いのです。

子供はある程度の年齢になるまで自分で靴を選ぶことはできないので
靴選びは親の責任によってしっかりと行うことが必要です。

足の成長が将来の姿勢、代謝に大きく関係するのです。

来月は希望のかたには無料で子供の靴選びについての
説明会を行いますので希望のかたはコメントに
残してくださいね。

便秘

耳つぼのお客さんで最近便秘がひどくてつらいと御相談を
受けました。

いろいろ事情を聞いてみると冷たいものが大好きで
(氷りかけたくらい冷たいものがいいらしい)
この寒い時期もほとんど暖かいものはとらない。

まずはここを改善するようにお伝えしました。

日常的に冷たいものばかりとっていると
体が食べ物、飲み物によって冷えてしまう感覚が
なくなってしまいます。

逆に体を温める習慣を日常的にとっていると
体が冷えた感覚がよく分かります。

体が冷えると組織が冷えて硬くなり、動き、流れが悪くなって
体に不調を感じるようになります。

簡単な例では冷蔵庫にいれたのもは冷えて簡単に硬くなりますよね。
体でも同じことが起こります。

体を冷やさないこと、この一点を気をつければ大抵の不調は
解決します。

ガンでさえ体の冷えつまり低体温が関係しています。
ガン細胞は35.5度前後の体温を非常に好むそうです。

体温が一度あがって36.5度前後になると繁殖が
極端に減るのです。

体温が一度あがると免疫力は30%も増加します。

体を冷やさない方法はいろいろとたくさんありますが
継続してやれるものを見つけることがなりよりも
大事です。

元気が出ますので応援クリックお願いします<(_ _)>
   ↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
人気ブログランキングへ




今日はきもちのいい天気ですね

今日は朝から気持ちのいい天気ですね

春をしっかりと感じることができます。


今度の木曜日は春日井で幼児の足についてのセミナー
をうけてきます。

乳児期から幼児期にかけての靴選びは以外と適当に
してみえるお母さんがたが多いのではないでしょうか。

うちのチビもおさがりをなんとなく履いています。

でも実は成長著しいこの時期だからこそ靴選びは
非常に重要なのです。
人間の足には3つのアーチがありこのアーチが
2足歩行という実に不安定な走行を可能にしているのです。

日常的に2足歩行をするのは人間だけです。

そんな歩行を靴が不自然にしていたら、子供はかわいそうですね

来月は子供の靴選びについて、希望のかたにはお伝えしようと
思っております。

もし御興味をもたれたかたはコメントに残してくださいね


元気が出ますので応援クリックお願いします<(_ _)>
   ↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
人気ブログランキングへ



今日は茄子について

ちょこっと季節外れですが今日は茄子について

茄子(なす)に含まれている成分は、約94%が水分ですが、
ビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム・鉄分・カリウムなどの
ミネラル成分、食物繊維などをバランス良く含んでいます。

特に豊富に含まれる食物繊維は、便秘を改善し大腸がんを予防したり、
血糖値の上昇を抑え、糖尿病や肥満を防ぐ効果があります。

また茄子には、皮に紫黒色の色素「アントシアニン」
、一般に茄子のアクと呼ばれるクロロゲン酸などの抗酸化成分
「ポリフェノール」が含まれています。

これらの成分は、体の老化を防ぐ、動脈硬化の予防、
がんの発生・進行を抑制するなどの作用があります。

これからさっぱりとした
焼き茄子なんかが美味しい季節になってきますね

元気が出ますので応援クリックお願いします<(_ _)>
   ↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
人気ブログランキングへ





LDLについて

先日来店されたお客さんでLDLの数値が高いの
ですがどうすれば改善されますか
との御質問がありました。

まだまだ20才台前半のかたなのですが、度重なる
痩身、リバウンドの繰り返しも手伝って
数値が基準値を超えたとのこと

もっとも簡単な言い方をすれば

LDLコレステロール値が高いと血流が悪くなります。

増えすぎたLDLコレステロールが血管壁にたまり、
血管の内腔が狭くなって血流が悪くなるのです


コレステロール値が高い状態が続くと、血管の状態が悪くなり動脈硬化が
進み、様々な病気を引き起こします。日本人の死因のトップ3は
がん、心筋梗塞などの心疾患、脳卒中や脳梗塞など脳疾患ですが、
このうちの心疾患と脳疾患の原因は動脈硬化です。

LDLコレステロールを下げる方法としてまずあげられるのは
毎日の食生活の改善です。LDLコレステロールが高い場合、
油っぽい食べ物が好き、甘いものが好き、高カロリーのものが好き、
必要以上のエネルギーを摂っている、
食事の内容が偏っている、食べる時間が不規則、といったケースが多いです。

また運動不足も関係しています。

LDLをさげるのに有効な食べ物として

大豆食品、酢、オリーブ油に含まれるオレイン酸、青魚
ビタミンをたっぷりふくんだ野菜などを多くとり
できるだけ甘いものを控える必要があります。

LDLコレステロールが高い=肥満

日々のダイエットによる健康管理の大切さが
再認識できました。



味覚障害について

ここ最近味覚障害の症状をもつ方が増えています。

近年の高齢化社会、ストレス、生活様式の変化などから
味覚の異常を感じている人は増えてきています。
まさに味覚障害は現代病であるといえます。

味は舌やのどの奥に広がっている味覚のセンサーである味蕾で感じます。

この味蕾から神経を介して脳に味が伝えられます。
味覚は他の視覚、聴覚、嗅覚に比べて、最も老化しにくいといわれて
いますが、それでも高齢になると味蕾の数は1/2から1/3に減少し、
味が濃くなりやすい原因といわれています。


 ◎味覚障害の症状

 味覚減退……… 食物の味が薄く感じる 

 味覚消失……… 味が全くわからない

 自発性異常味覚…何も食べていないのに、いつも苦い味がする

 悪味症………… 食物が何とも表現できないいやな味になる

 異味症………… ある食べ物や飲み物の味が本来の味と変わった
         味がする

 解離性味覚障害…甘味だけがわからないと訴え、検査でも甘味のみ
         傷害されている 

味覚障害の原因として最近ミネラル分の不足が考えられるようになりました。
その栄養素はずばり 亜鉛


偏食、朝食抜き、ファストフードやコンビニの弁当で食事を済ます
という食生活が習慣になると亜鉛欠乏症になります。
コンビニなど工場生産の食品は清潔さを追求するあまり、
本来摂取しなければならない成分まで取り除いてしまい栄養学的には欠陥食なのです。
また、激辛好みは味蕾を消滅させる危険性があり、
無理なダイエットも味覚障害の原因になります

亜鉛を多く含む食品として
緑茶、卵黄、海草、玄米、椎茸、ゴマ、小魚、大根などがあります。

わたしの経験では味覚障害はどちらかというと
50才以上の少し年配のかたに多いと思います。
若いうちから亜鉛を含む食品をしっかり摂りましょう

また上記食品についてはダイエット食品としても
優れたものばかりです








のりはいいですよ

のりは古代から海より採取し、日干しにし、火であぶって食べられてきた
海洋ミネラルが豊富な食品です。しかも、のりは焼くことで殺菌されるので、
安全性が高いのが特長です

のりの栄養素として代表的なのものが、
骨や歯の発育に欠かせないカルシウム。

カルシウム以外にも、カリウム、マグネシウム、
のりの黒い色の素になっている鉄分、亜鉛、さらに銅、
マンガンなどが含まれていて、まさに海のミネラルの
宝庫といえる食材です。

レバーが苦手な人でも鉄分が豊富なのりを食べていれば
貧血の予防に役立ちます。

偏食によりミネラルの摂取が難しい今、
一日に1枚ののりをたべるのをお勧めします。

またダイエット中のかたはお腹がすいたとき、
ちょっとつまむのもいいかも。

白菜を見直そう!!

お鍋の定番白菜について

白菜の栄養素はざっとこうです

・ビタミンCが22mg
・食物繊維が1.1mg
・カリウムが230mg
・カルシウムが35mg
   (100gあたり)

白菜の栄養成分はキャベツと似ていますが、
キャベツに比べて糖質が少なく
カロリーが低いので、ダイエット向きの食材と言えます。

白菜の主成分は水分ですが、色々な栄養素が微量ながらまんべんなく
含まれています。

白菜にはビタミンCやミネラルであるカリウム、カルシウム、マグネシウム
他にアブラナ科(大根、かぶなど)の辛味成分であるイソチオシアネート
なども含まれています。

イソチオシアネートは、消化をよくする作用や、血栓ができるのを防いだり、
ガンを予防する作用などが知られています。

これらの栄養成分から白菜の効能としては美肌効果、風邪の予防、
便秘の改善、利尿作用、動脈硬化やガンの予防などが挙げられます。

塩を多量に使う漬けものは血圧が上がるとされているが、白菜漬けの
場合には、白菜に含まれるカリウムがナトリウム(塩分)を排泄して、
塩分を過剰にとるリスクを軽減させてます。

冬の定番の食品にはやはり冬に多い病気に効果があるのでした。

コーヒーのポリフェノール

コーヒーのポリフェノールがばかにできないこと
が分かったようです。

コーヒーにも赤ワインに匹敵する量のポリフェノールが含まれ、
一日の食生活の中で仕事の合間や食後に飲むコーヒーから
最も多くのポリフェノールが摂取されていることが、
ポリフェノール研究の第一人者として知られる
お茶の水女子大大学院の近藤和雄教授の調査・研究で分かった。
とのこと

ポリフェノールは抗酸化作用があり、
(抗酸化作用とは体のさびをとってくれて老化防止になります)
動脈硬化などの組織の劣化に歯止めをかけてくれるのです。

ほっと一息のコーヒーが体にもいいとはありがたいですね。

ただしお砂糖、ミルクは無しがもっといいですよ。



プロフィール

熱血柔整師

Author:熱血柔整師
愛知県一宮市にある整体RaQooの院長からしろはた接骨院にリニューアルオープンした48歳2児のパパです。
柔道整復学校に三年間通い念願だった柔道整復師の資格をとることができました。
さらに施術の幅、医学的な知識を広げ地域の皆様の健康応援団となり貢献していきたいです。どうぞよろしくお願いします。

Micro Ad
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。